メニュー

日新堂について

日新堂の由来

その名称は幕末期、南部藩で最初に設立された私立の洋学校に由来。最後の盛岡藩主となった南部利剛は学問の普及に理解を示した。文久3年(1863)、近代製鉄のパイオニアとして知られる大島高任や医師の八角宗律ら22名の学識者の要望に答えて、西洋医学、西洋学問、精錬、砲術を研究する新学校を城下の東郊外、東中野新山館に開設することになった。

日新堂はあくまで私学校であるが、盛岡藩は苦しい財政の中、5年計画で五百両の予算を与え、西洋医学はもとより新しい国産品の開発、火砲の精錬工場などの研究を進めたのである。科学機器や標本、船来資料を展示公開し、盛岡で初めての科学博物館的施設となった。

利剛はこれを「日新堂」と命名した。

日新堂の理念

理念

地域の人々に信頼される医療、保健、福祉サービスを誠の心で提供いたします

方針

  1. 私達は、住民の健康維持・増進のため地域連携を密にし、利用者の医療と福祉の向上に努めます
  2. 私達は、利用者の安全・安心を大切にし、医療事故防止及び、院内感染防止に努めます
  3. 私達は、利用者の権利を尊重し、良くお話しを聞き、親切な説明に努めます
  4. 私達は、教育・研修に励み、知識と技術の向上を目指し、最善のサービスに努めます

目標

  1. 誠実な利用者対応
  2. 最善のサービスを支える経営基盤の確立
  3. 医療・保健・福祉を通しての従業者の人格向上
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME